タクシーの運転手さん。

アタシらが利用させて貰ったタクシーの運転手さんは
物凄くサービス精神が旺盛のお人だった。
こんごうしょう寺に到着すると
「あんたらが帰ってくるまで、待っててやっからな♪ メーター倒してな♪」
と言い、自分も車を降りてカメラのシャッターまで切って下さる。 あらまぁ♪

行きも帰りもしゃべり通し。

「なんであんなに大きな塔婆を使うんですか?」と聞くと
「伊勢の人は見栄っ張りだからねぇ(あくまでおっちゃん論です)
こんなにもでっかいのを故人の為に用意してやったッて見せつけたいんだよ」 へぇ。
「値段が書いてありましたが(一番でかいので60万!)
大小関係なく6年で廃棄しちゃうんですね」
すると、おっちゃん「そうそう、山底へぶん投げちまうんだよ」 はぁ?!

その後、伊勢参りにおいでになる皇族の話や、元従業員だった赤福の若女将の話、
伊勢の葬式の様子ナドなど話は尽きず。

そして。

「あんたらが泊まった 伊久、食事がえれぇ良かっただろう?」と聞かれたので
「物凄く良かったです。食べきれない程沢山出ました。」 と答えると
「あそこはまだ3年ほどしかたってないんだけど、伊勢じゃ一番の旅館だよ」 

拍手~♪

by nikuya129 | 2018-07-21 13:46