宿と二日目と。

今回世話になったのは、近畿日本ツーリスト。
電車とバスそれに宿泊料金込々プランを利用した。

内宮へ歩いて行ける距離に位置してる事の他に、2食付ってところにひかれて
選んだ宿「伊久」
何しろ伊勢周辺の店って、夕方には終了ってところが多くて
食事処を探してウロウロするのもめんどくさい。
宿の送迎バスに揺られて到着すれば、平日にも関わらず駐車場は車でいっぱいだった。

知らなかったけど・・・・・・・・・。
すんごい人気のお宿だったのね。 

翌朝、少し強い雨が降りしきる中、内宮へ。
宇治橋を渡り始めて直ぐ、
左側2番目の「ぎぼし」は 参拝者の安全を祈願するお札が収められてる
ありがたい存在。外宮もそうだけど、境内には案内表示が無いから
注意して歩かないと通り過ぎちまう。
しずか~な境内に、玉砂利を踏むアタシらの足音だけが響く・・・・。
本で読んだけど、あの世のお人は鳥居から中へは入れないの。
もし入ってこられたとしても、玉砂利の音がしないから排除されてしまうそうよ。

それぞれのお宮をゆっくり回って約2時間。
タイムスリップしたような空間を思う存分堪能したわ~。
早朝から営業している「赤福」で、五十鈴川を眺めながらしばし休憩した後
いったん宿に戻って朝食をいただいて、身支度を整えチェックアウト。

次に向かうは、こんごうしょう寺。鬼門を守るお寺よ~ん。
車でしか行けないのでタクシーを呼んで貰っていざ出発ッ
ココは物凄くでっかい「塔婆」が、まるで塀の様に並ぶ事でも有名で、
正直、そっちの方が興味津々だったんだけどねー。

b0251705_09570752.jpg

極楽門をくぐるとこ~んな感じ。(画像は拝借致しました)
でもね、ココはあくまで亡くなった方が静かに過ごす「墓地」で、絶対に騒いじゃいけない場所。
現に、霊感がある友人は

「来るな―ッ」
と、一括されたらしい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





[PR]

by nikuya129 | 2018-07-21 08:56