何気ない肉屋の会話。

我が家には週に2度 豚の枝肉
(骨が付いた状態で 頭から尻まで真っ二つになってる豚肉の事)が届く。
牛肉の場合は とてもじゃないが一頭買いなど出来ぬので
客人が好きな部位を個別に注文する。
白モツもドサーッと届く。腸の中の脂を取りながら (アタシもきっとこんなんだろうなぁ)と
しみじみする。

んで、豚の骨抜き作業をしながらの会話。

「この間 ざぶとんって書かれてた牛肉がスーパーにあったけど 豚で言うとどこ?」
「豚バラの上の部分、豚だとちょーっとしかないから分けないけど、牛はでかいからねぇ」
「へぇ だから 特上カルビって紹介されてんだ~へぇ~」
マメ(腎臓)を引き剥がしながら 「コレも食べるらしいよ」
「えぇーッ だって尿を作るところでしょう?臭------」

さらに 白モツのカット作業をしながらの会話。

「このクルクルしてるの何?んですっごく硬いのが付いてるけど」
「コブクロだよ んで硬いのが子宮」
「そういや 以前豚やが 柔らかいからって胎児を持ってきたけど さすがに食べれなかったなぁ」
「ゲーッ 胎児? そりゃ無理だ」
「肛門あったー ホルモンやだと 希少部位らしいねぇ」(と言いつつ がつがつ切る)


そして ホルモンやのメニューに対して話に花が咲く。

「ハツだ・ガツだ・ミノだ・センマイだ じゃー無くて部位の名前にすれば分りやすいのにねぇ」
「心臓に 胃袋に 肛門(どて) に横隔膜(ハラミ)か? アハハハハッ」



以上 何気ない肉屋の会話。
[PR]

by nikuya129 | 2014-09-29 08:02