芽。

b0251705_7115048.jpg


茎だけになっちまってた 黒葉ダリアの根元から芽が出た。
窓を開けるたび目に入るそれに
(引っこ抜いちまおうか・・・・否、我慢して様子を見よう) と 悶々していたのだが
そのままにしてて ホント良かった。

それともー1つ。

『大丈夫』が口癖の次男。
学生最後のこの夏休みに、『動物病院での研修』つぅ修行をしなけりゃーならぬのだが、
今だ その修行先すら決まっておらず。
『オレが一番分かってるんだ』 と偉そうに言うので、様子を見てりゃ
最近になってよーやく
『電話の掛け方が、(相手にどう言って頼めば良いのか)わからん』 ってはぁ?

(そー言う事はもっと早く言えよーーーーーーーーーんもーーーーーーーーっ)

業を煮やして、近所の病院の連絡先を奴に渡せば
『先を越された。もぅ研修生が決まってるんだって』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



あぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・見守るのって ホント疲れる。
[PR]

# by nikuya129 | 2012-08-13 07:27

誰か貰ってくれないかなぁ

大好きな紫の花を使ったブーケ。

まだ製作中だが、これもお嫁に行ってくれたらと願う。
さらに、使って貰えたら・・・・・・・コレほど嬉しい事は無い。


b0251705_764724.jpg
[PR]

# by nikuya129 | 2012-08-11 07:07

余命。

余命宣告を受けた親戚が居る。
ここ数年何度も入退院を繰り返し、つぃに手の施しようが無い重篤な状態となった。
奥方からその連絡を貰い、急遽爺さまが病院に駆けつけたが
なんとまぁ本人はすたすた歩き回って、それこそ『元気』だったと言う。
そして『退院』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

先日、ビールを抱え奥方と二人で我が家に顔を出してくれた。
『mugiちゃんに』 と、快気祝いのソレを渡されたが複雑な思いは否めない。
ちょいと色白になっちまったおじさんの命を支えているのは、
認可が下りず保険が効かねぇ一錠万から致すピンクの小粒。

『休んでてッ』 と言っても言う事きかなくてねぇ。と、目を細めるおばさんだが、
自分一人になっちまった事を考え、少しずつ準備をなさってるそうだ。
人間いつかはあの世に行くが、人生まだまだこれからなのに
目の前に居るお人のゴールが近い、、、、つぅ事を意識して過ごす日常を思うだけで
息苦しくなる。

そもそも、海外ではフツーに出回ってる薬でも、日本じゃ使用許可が出ぬ場合が殆どで
患者は大変な経済負担を強いられてる。
ま、後遺症や薬害を考えれば、慎重にならざる負えぬ・・・のはもっともだが
『今』 それに苦しんで居られる患者にしてみりゃー

『金がねぇなら 死ね』 つぅ事に変わりャしない。
[PR]

# by nikuya129 | 2012-08-09 07:00

確かに激安だが・・・・。

我が家の近くにある花屋は、激安を売りに沢山の鉢植えを並べているが
買う気が失せるほど、痛んでる花ばかり。
店員さんはいつも一人の様だから、きっと手が周らないんだろうなぁ。

買い物ついでにふと立ち寄れば
今日も処分品と札のついた花が、棚にギューギュー押し込まれており
見るも無残な状況、、、、、、だが
もしその中に、『ピンポンマム』があったら 小躍りして喜んだろう。
[PR]

# by nikuya129 | 2012-08-04 19:30

なにより嬉しかったニュース。

オリンピックで大盛り上がりの昨今。
競技を終えた全ての選手に拍手を、感動をありがとうと申し上げたい。
そしてまだ続く、これからスタートの選手には、結果などとも角
オリンピックを存分に楽しんで頂きたいと願う。


しかし、今朝、何より嬉しかったニュースは
難病ALSの治療に光が見えた事。
[PR]

# by nikuya129 | 2012-08-02 11:18