<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

沖縄ラスト。

テンペストってドラマをご存じ?
仲間由紀恵がそりぁもぅ麗しの男装で登場する琉球王国末期の話。
その舞台になったのがここ首里城なのよ。
彼女はもちろんだけど、聞得大君役の高岡早紀も最高だったわ。
人間離れした役をやらせたら、高岡早紀って天下一品よ。

激しい沖縄戦で 建物の殆どを壊されちまったから 土台しか残らなくてねぇ。
今の建造物はその土台を保護した上に建てられてるの。
屋根瓦だって もしかしたら赤じゃなかったかも・・・なんですって。 へぇ。
時間がずれちまったので ガイドさんと一緒に回れなかったのが残念だったなぁ。

ざーっと見学したら (っておぃおぃ 笑) 16世紀に造られた石畳を歩き

b0251705_1845822.jpg
 

その精巧さと急こう配に驚き(一本道の坂道でさー。これがゼーゼーもんなのよぉ)
後から知ったけど ちゅらさんで撮影された家屋がこちらにあるんですって。

途中にある 大オアギって看板にフラフラ~ッと引き寄せられ

b0251705_5222579.jpg


そして アタシの心の友に 「また そんなとこ一人で行ってーっ」て叱られそうだけど ぷ笑

b0251705_5392259.jpg


歴代の王族が眠る でっかい墓にお参りした後
道路を挟んで向かい側にある 
ゴリさん出身校「首里高校」から響く生徒さんのにぎやかな声に和んで 駐車場にUターン。
人懐っこそうな駐車場のおじさんらに笑顔で手を振り
空港に向かったわ


再びこちらを訪れるチャンスがあったら
せーふぁうたきを早朝に訪れてみたい。
潮の満ち引きをチェックして 海水たっぷりの青の洞窟に潜ってみたい。
民宿にも泊まってみたいし、ソーキそばも食べてみたい。
空を泳ぐスカイダイビングにも挑戦してみたいし、友と再び大笑いしたい。


こりゃ また 行くっきゃないな~♪
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-22 06:55

③ 沖縄二日目

一晩世話になった 道の駅許田やんばる物産センターを早々に後にして
美ら海水族館を目指すのよ~♪

普段から音楽を聴く習慣のないアタシは 旅先でもラジオを聴きながら運転するんだけどねー。
こたびは 沖縄の言葉を弾丸のごとく発してたラジオ番組が物凄く面白かったな。
言葉のはしはしで聞き取れる単語をつなぎ合わせると、なんとなな~く理解出来る(様な 笑)
ちっこい日本だけど。こんなにも色んな個性がある国なんだッて改めて感じたわね。

目の前にびゅーてほーな海がバーッと広がる橋をかっ飛び

b0251705_7573185.jpg


時間が早すぎた為、チケット売り場にゃ猫が寝ていた「なきじん城跡」をタダで回り (スンマセンッ)

b0251705_844818.jpg


びせのフクギ並木を歩いていたら 地元のおばぁに 「これから仕事か?」 と声を掛けられ(笑)

b0251705_8124538.jpg



やって来ました 美ら海水族館。

余りに有名だから特に説明しないけどねー。 ジンベイザメが三頭 
優雅に泳ぐ姿が見られる大水槽は確かに圧巻。
ジンベイザメって胎生なんだって。つまり卵を産むんじゃなく、お腹の中で40~60cmまで成長した
赤ん坊を出産するんだけど その数実に300頭よ 凄ッ

使われてる海水は温度調節を一切しないそう。
だから 生き物たちは水槽内に居ても 自然の四季を感じられるとか。  へぇ。

それと 利用させて貰って すっごく便利だったのは 貸出無料の音声ガイド。
GW明けだったし、朝一の入場だったし、予約しなくても大丈夫かな・・・と思い 
受付で聞いたらオッケーっでラッキーっ だったわね。


美ら海を出たら 今度は首里城へ。

途中 石垣の友が推薦してた 「ブルーシール」のチョコアイスを食べ 
(普段だったら絶対口にしないケド 笑)
沖縄にしかないっと聞く A&Wのハンバーガー屋さんに立ち寄り (店員さんがすっごくキュートだったわッ)




首里城------ッ


b0251705_11461776.jpg

[PR]

by nikuya129 | 2015-05-20 09:27

② 沖縄

アタシの大好きだったテレビ番組 「おしかけスピリチュアル」 で 
スピリチュアル女子大生ちえちゃんが、旅した沖縄を アタシもたどってみたくてねー。
彼女が 「すごすぎる」 って叫んでいた ガジュマルの木に逢いたくて
ガンガラーの谷のガイドツアーを申し込んだアタシ。
ちえちゃんによると この画像を待ち受けにすれば「金運アップ」のご利益にあやかれるとか。へぇ~。


b0251705_13453344.jpg


谷への入場は完全予約制で、ツアーガイドのお姉ちゃんが色々説明してくれるのを聞きながら
約1時間半、ずらずら歩くの。
行程の途中で遭遇するこのガジュマルの木。精霊が宿ってるッて話はまんざら嘘じゃないかもな~。

次に車を進めたのは 「せーふぁうたき」 せーふぁ=最高 うたき=祈りの場 で
昔は男子禁制の聖なる場。あちらの世界と通じるアンテナをお持ちのお方には
血液が炭酸のように弾ける感覚を覚えたり 光の乱舞が見えたり
暖かなベールに包まれる様な至福の時を過ごせるらしい。

b0251705_6562234.jpg



しかーし・・・・・・・・残念ながら 俗世まみれのアタシには全く分からず、感じる事も無く。

改めて ここを紹介しているサイトをじっくり読めば
「心を落ち着けて清らかな精神を保つこと。そうすることで内外の壁が取り払われて自然と交わえる」
と記されており 好奇心でいっぱいの濁ったフェンダーで見ちゃ 神様もそっぽを向かれるわけだな 


と、納得した次第。


ココを後にして 次はどうしようか・・・と地図をガンミ。
近くにある「首里城」には時間的に遅すぎたので 高速を利用して一気に北を目指す事に。
沖縄で唯一残った「銭湯」  に 是非とも寄り道したかったのだが
突発的、身体的な理由で不可能となり、、、、(残念ッ)

途中 絶景だッ 沖縄に来たら絶対に見なきゃ損だッ と叫ばれる ビューポイントに立ち寄り

b0251705_7152068.jpg


まんざもうの絶景より、目の前でべったりひっつく 隣国のカップル
(レディは布きれ一枚が貼り付いてる様ないでたち)の様子に釘付けだったアタシ  笑
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-19 08:45

① 沖縄

石垣で得た沢山の思い出を胸に抱き 那覇を目指して飛行機に乗り込んだアタシへ
「那覇はココと違って車の運転がのんびりじゃないから 気を付けてね」つぅメッセが届く。

くぅ~~~~ッ

今宵のお宿は「ステラリゾート」 
どーせ寝るだけなんだし どこでも良いや~ッと、激安な女性専用「ドミトリー」とやらを予約した。
口コミを読むと 賛否両論。しかも真っ二つに評価が分かれてるのが 面白~い。
恐る恐る入場すれば、(入口が雑居ビルって感じで 衝撃的なのよ~)南国美女がお出迎え~。
部屋は上下6間に分かれていて、入口はナンバーロック式でガッチリガード。
冷房は有料なので 真夏の利用は厳しいかも・・・・だけど 
シャワーはいつでも利用可能だったし 期待してなかった分すんごく綺麗に感じたし
ランドリーもある。ただ寝るだけなら充分だったわね~♪

翌日は 快晴ッ 南国の刺すような太陽の紫外線をガンガン浴びながら
沖縄ドライブスタートッ

先ず向かった先は 沖縄の南側に位置する旧海軍司令部豪
手榴弾による自決跡が今もくっきり残っていて 言葉も無し。

b0251705_17251461.jpg




次は「ひめゆりの塔」

b0251705_17274560.jpg


(こちらに、スペシャルゲストの兵隊さんがいらっしゃいます。恥ずかしがり屋さんなので のちほど
他の写真に変えようかと思っとります)

実はこの後 「ガンガラーの谷」ツアーの予約を入れていてねぇ。
ココから谷までの時間配分が分からず 早々に退館したのが悔やまれてならなかったわ。
もっとじっくり時間を掛けて見て回りたかったなぁ。
ジオラマを前に、生き残られた女性が話をしてくれてね。余りの悲惨さに涙する女性も居たっけ。

「傷ついた兵隊さんたちを看護するのが私たちの仕事ですが
中には 傷口から毒が脳に入って気が狂ってしまわれる兵隊さんもいらっしゃいました。
壕の奥へは迷って出て来られないからと 決して行かないように言われていたのですが
そうした兵隊さんを 奥へ奥へと引きずって行くのです。
奥で何が行われたのか、その兵隊さんがどうなったのか、知る由もありませんでした」

「突然の解散命令で 私たちはこの壕から出る様に言われました。
当時 米兵に捕まると とても残虐な方法で殺される。だったら自決した方がよほどましだと
信じて疑わなかった私たちは、次々と自害の道を選びました。
私はたまたま移動する途中で列から離れてしまい、そのおかげでこうして生き残れたのです」

「天災に遭って亡くなるのはある意味仕方が無いのかも分かりません。
でも 戦争は違います。戦争は人間が自ら起こし 自らを殺しあうのです。
だからこそ 戦争は絶対に起こしてはいけないのです。 私は後どのくらい生きられるか分かりませんが
このことを皆さんにお伝えする為に 精一杯、今を生きています。」


沖縄へお出かけの際は是非、お立ち寄りいただきたい。
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-18 06:48

③ 石垣島ドライブ。

翌朝、早々に友人と別れたアタシは 美味しいッと評判のファミマのメロンパンに加え
凄いボリュームの肉入りおにぎりをお供に石垣島をめぐるドライブをスタート。
こっちじゃ おにぎりって暖めてくれるんだねぇ   へぇ。

東北に行った時は 猛烈なスピードで走るご老人らの軽トラックに目を剥いたけど こちらは真逆。
追い越し禁止の為、自分の後ろにずらずら車がつながろうと、全く気にせずマイペース。
その上、ハンドルを握りながらも(もしや知り合いか?)と 歩行者に気を取られているらしい。
それと、しょっちゅうヤンバルクイナが草むらから出てきて 猛スピードで道路を横断。

くわー 危ないッ危ないッ


先ずは 石垣最北端の平久保埼。 晴れてりゃコーンな感じ。

b0251705_2311159.jpg


しかし 雨が降っていたので早々に退散・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


続いてサビチ洞  海に抜ける鍾乳洞との事だが 入場料が高い割には大したことはなく とにかく残念だったのは海岸に打ち上げられていた 大量のゴミ。
あれだけの金額(現 1250円)を取るなら せめて片付けようよ・・・・と思った次第。
人懐っこい可愛いワンコとおばぁが出迎えてくれるけどねぇ。

そして玉取埼展望台を経て

b0251705_23191824.jpg


(これも晴れてりゃ・・・・の画像)


川平湾にてグラスボートに乗船。

b0251705_683697.jpg


穏やかに見えるが潮の流れがキツイので 遊泳禁止。
黒真珠の養殖場でもあり 点在する小島の風景は沖縄の松島とも呼ばれるとか。
抜群の透明度で、波打ち際まで来る魚の姿に 乗船直後からテンションマックス。


川平湾から米原ヤエヤマヤシ群落へ向かう途中にあるトミーのパン屋に寄り ハードタイプのパンを購入。

チーズフランスを買ったのだが 驚いたのはその具の量。
ひと箱全部使ってんじゃ?と思えるほどの物凄さ。 運転しながら食した為
座席の周り中、チーズをこぼしまくりで・・・・・・・・
口コミを読めば 全てのパンがそうらしいッ あぁ~カレーパンを買わなくて良かった。  アハハッ


b0251705_925143.jpg


国の天然記念物に指定されてる「ヤエヤマヤシ」は ここ石垣島と西表島の一部にだけしか自生しておらず
特にこの米原群落は最大規模だそう。

しかーし・・・・。 

ふと見ると、ヤシの幹にでっかく 日本語で人名が刻まれてるじゃない。
昔は奥まで行けたらしいけど、落書きがひどいせいなのか 今は遊歩道以外立ち入り禁止。

なんだか情けないねぇ、、、、、。


b0251705_1635462.jpg


意を決して申し込んだ スキューバダイビングお手軽コースは ここ米原ビーチが舞台。
サイトには、神々しいほど青く輝く洞窟が紹介されており、
参加者からの賞賛の声で埋め尽くされていたわ。

しかし、昨日に引き続き、超大潮にぶち当たってて 海は完全に干上がり状態、、、、、。
それでも 場所を選んで海に入り つかの間の「水族館」気分を楽しませていただきました。
「フナムシ」 か 「ウツボ」ぐらいしか遭遇したことが無いアタシにとって
「ミノカサゴ」が目の前をヒラヒラ泳ぐ姿は 衝撃的だったなぁ。



今度は大勢で、せめて旦那だけでも一緒に来よう~ッと ♪




沖縄編に続く。
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-11 16:59

② 石垣ナイト。そしてお土産あれこれ。

2年ぶり(だったよねーッ)の熱い再会を果たした後、彼女に連れてって貰ったのは
結風っつぅ島唄三線ライブ居酒屋さん

GW中でもあり 店内は満席。店側の手違いで短時間の滞在だったけど(くっそーっ)
のっけから ノリノリのライブでジェットコースター並みのすんげぇ盛り上がりッ
ラストは全員立ちあがって踊るわ叫ぶわで アハハハハッ
「お客さんの声が一番でかかった」 と店員さん。 んもぉ笑うっきゃないわ。
お一人様でも ご友人同士でも、もちろんご家族連れでもお勧めのお店です。
石垣にいらしたら是非ッ (ねぇねぇッ ありがとねーっ)

その後 アタシのお願いで 地元のスーパーへ。
石垣島ならではの商品を彼女に紹介して貰いながらガンガン購入。

b0251705_8171060.jpg


琉球王朝時代から続くありがたーい献上菓子です。
甘味を抑えた皮に(チョコを抜いた)スニッカーズ風の餡が入ってるって感じ。

b0251705_826596.jpg


彼女は「かっぱえびせん」と同じ感覚でバリバリ食べちゃうッっんだそう。
味付けは、ずばり塩。シンプルイズベストッで軽い食感。

b0251705_8314061.jpg


石垣でランチョンミートったら コレッ 毎度おなじみのメーカー品は大量に残っていたけど
チューリップ印はすっからかんだったわ。へぇ。

b0251705_841375.jpg


「酢」は断然 まるこめ印。説明によると、こっちの酢よか5倍ほど酸っぱいんだとか。
石垣では刺身もコレで食べるらしく へぇへぇへぇ。

b0251705_9295263.jpg


沖縄の方々にとっちゃ 練乳ったら 「ワシミルク」 
その昔には パッケージにカーネーションが描かれてた品物もあったそうで
「カーネーションミルク」と呼ばれてたそうだ。

そして じゅ~し~(語尾はあげあげで発音)

b0251705_1332939.jpg


沖縄風炊き込みご飯のもと。石垣島空港に じゅ~し~で味付けされたご飯が
ぎっちり詰まったかまぼこが売ってます。
実は買いそびれちゃってて・・・・。その話をしたら 彼女が覚えてくれていて
別れ際にプレゼント。 


ありがとーっ とっても美味しかったよ~ッ
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-11 06:57

① 石垣・沖縄一人旅。

人生一度は訪れてみたい憧れの地 ざ 沖縄。
エメラルドグリーンの海にゆったり流れる時間。
南のお国の独特な言葉。人懐っこそうなあの笑顔に逢ってみたい。

でもさ、でも。大勢の笑い声が響く海って 一人じゃ寂しい、寂しすぎる・・・・
旦那を誘うも 「島は(帰れない危険性があるから)やだ」って言うし
タイミングよく友からメールが入るも 日程が合わない。
そんなアタシの背中を押してくれたのは、石垣島へ帰った友人の存在と
女性一人旅のコミュニティから得た沢山のアドバイス。
「待ってるよー」 携帯に入ってくる彼女からの言葉に勇気を貰って、無我夢中で旅立ったわ。

石垣空港に降り立つや否や、先ず向かったのは 「竹富島」
離島ターミナルから船で15分ぐらいの場所にあるんだけど 
物凄いスピードでかっ飛んで行くんだよね。
おかげで 外部デッキに居たアタシは全身塩まみれ・・・・・。

竹富島では 水牛が引く台車に揺られながら、村の中をめぐるツアーが人気で

b0251705_17354559.jpg


白い砂を敷き詰めた細い路地をゆっくり進みながら、ガイドのお姉ちゃんがいろいろ紹介してくれるの。
ココを訪れた旅人がよく「道に迷う」らしいんだけど、おねぇちゃん曰く
「竹富島は 昔からの風情を大切に守っている為 目立つ看板は掲げられない」 そう。
あなたしか見えないっつぅ情熱的な花言葉を持つ「ブーゲンビリア」が
そこかしこに咲き誇ってて綺麗だったなぁ~。

水牛車を降りて 村内をうろうろ。
腹ごしらえしようと もずくそばを注文したら 一緒に出された香辛料の匂いに仰天。 
だって まるっきし「龍角散」なんだもん。現地のお人は、ガッツリ振り入れるらしいけど
かなり敷居が高いかもなぁ。
石垣の友人曰く、胡椒と同じ使用で良いそう。何事もチャレンジだッと土産に買ったわ。

b0251705_5585937.jpg


しかし 絶賛するお方も居るのよ。 ほら~

腹ごしらえをした後は、絶景を求めてコンドイ浜を目指すアタシ。
曇り空だったから ちょーっとロケーションが悪かったし、丁度激大潮に大当たりで 全く泳げず。
それでもザブザブ入れば あちこちに黒ナマコがウヨウヨ。
(触ると最初はフニャフニャなんだけど どんどん固くなるのよねぇ~ ぷ笑 
そーいや どこぞのお国では 海の真珠って呼んでたっけ)

彼らを踏んずけないよう 足元を見ながら歩き回ったわ~。

b0251705_628054.jpg


そうそう 近くには「星の砂」で有名な カイジ浜(泳いじゃダメだよ~ん)ってのがあるんだけど
お持ち帰りは禁止らしい。
「星の砂なんて 昔はどの浜でもあったのよ」



なんだってねぇ。
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-10 07:51

親子だねぇ。

「ホント つかえねぇなぁ 何度同じことやるんだよッ 少しは学習したら?」 と

長男がアタシに偉そうに言う。

(アタシが言ってるセリフをおめぇに言われたくないねぇ) と腹の中で吐きつつ
「だってさー 酒飲みながらギャーギャー騒いでるんだもん 携帯鳴ったって気づかないよッ」

「用があるから掛けてんじゃん。携帯つながらないならもぅ捨てたら? 着信見た時点で掛けなおせよ」

「だって気づいたの11時だよー それに家電のナンバーだったじゃん 
(奴は最近機種変したばかり)お前のナンバー知らないし、
そもそも そんな時間に電話できるわけ無いでしょッ」

と、アー言われればコー 激しく言い返すアタシ。
くぅ・・・・・・冷静に考えるとアタシの性格長男そっくりだ。 げーっ

そして夕べ。

「母ちゃんってホント我が強いよねー」 

(どの口言うか?)「お前もそうだねぇ」







やっぱ (顔もよく似てるらしい・・・・・)  親子だねぇ
[PR]

by nikuya129 | 2015-05-01 06:29