<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

運気が上がる?箱根 九頭竜神社

に、紅葉狩りもかねて行って来た。

ここでは毎月13日に「つきなみ祭」という神事が行われ 物凄い数の参拝客で賑わうそうだが
この日は21日(木)だったので静かで神々しい雰囲気を思いっきり満喫出来た。

(下の写真は 他人様のを拝借)

その昔、芦ノ湖に棲む龍を諌める為に偉い坊さんが
人身御供の変わりの赤飯を21日間の祈祷満願日の6月13日に捧げると誓うと 
その日に龍が現れ、すったもんだの挙句、ようやく改心し守り神になると約束させた。

簡単に書くとこんな話が残っていて、
今でも6月13日の「例大祭」には、その龍をくくりつけたとされる逆さ杉の場所に赤飯を沈め
浮かび上がってくると「災いが起こる」と云われているそうだ。
ちなみに過去に一度、浮かび上がってきちまった時には「関東大震災」が起こったそうな。
くれぐれも「そう」ならぬよう、留意していただきたいもんだねぇ。

ちなみに、乗船場からみえる赤い鳥居は「元総理大臣の吉田茂」が寄付したとか。へぇ。
又、辺鄙な場所に観光客を運ぶっつぅ点で まことすばらしき「からくり」があり
商売人として非常に感心した次第。


しかし、縁結びの神社・・・・と若いレディに大人気のこの神社だが
伝説を読む限りでは、全く関係無いような・・・・ 笑
それより、「金運」にご縁がありますよう願ったら
先日処分を依頼した古いレコードにびっくりするほどの値段が付き 


さすがは竜神様だ、と感心したねぇ まったく。

b0251705_6571421.jpg

[PR]

by nikuya129 | 2013-11-24 07:00

たまにはさぁ。

これから旦那と出かけるんだが
案の定 爺さまが「オレも連れてゆけ」 と擦り寄ってきた。
実は先週木曜日、旦那と爺とアタシの3人で 一人暮らしの実父を尋ね酒を飲んできたばかり。
出かけ好きの爺さまを誘えば大喜びするのは分かるんだがね。
婆さまは休みにはいっつも、早朝からすたこら出かけちまうのでま、爺さまを誘うのは
たやすいのだが。


「あんまりさぁ 3人で行くと婆さまがひねくれるよ」 


たまにはさぁ 二人で出かけても良いよねぇ
でも今でも家に居るんだよなぁ はぁ。 




で、結局爺さまも連れて出かけたアタシ。


良い嫁~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-21 08:43

でしたらその時そう言えば。

昨日は婆さまに牙を向く旦那。
(まぁ 毎度の事だしアタシとしては内心スカーッとするので こういう場面は大歓迎だ 笑)

当然婆さまも般若の形相で応戦。
敵が(旦那が)その場から居なくなると「親に対してあの口の利き方は何だ」とぶちぶち言う。
(エーッ そういう婆さまだって 爺さまに猛烈な口の利き方ですけど・・・)
そして、「孫が反抗的な態度を取るのも当然だ」 とぶっ放した。

まぁ そうお思いでしたら 何であの時仰らぬのでしょう。


あの時(旦那と長男の大喧嘩の場)にあなた様は居て、
 「奴は素直じゃねぇな」 と旦那の肩をお持ちでしたね。
婆さまが消えうせた後 アタシと旦那でバトル再開。最後に旦那がふてくされて終了しましたっけ。 


まぁ いつものことですけどねぇ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-18 07:50

毎度繰り返す バカ。

バカ長男を頭ごなしに叱り付けりゃー 素直に聞くわけないだろ ボケーッ

今まで何度 同じ事を繰り返すんだ バカーッ

「お前はなんも言わねぇ」 と言うが

アタシの口をふさいだのは紛れも無く あーただ。



あたし等からしたら どんなに出来損ないに見えたって

よそじゃきっと 立派に過ごしているさ。

それを認めてやらねば 腐るだけだと何故分からぬのか。



ねぇ 旦那よ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-15 22:29

いやはや懐かしや

衣替えしてたら案の定「捨てたい病」が発症。
自作のアレンジメントは欲しいっつぅブラボーな方にお譲りしし、
ゴロゴロ転がる雑貨もんやらなにやらは、ショップにて処分。
残りもガンガン捨てまくって気持ち良い~♪
んで ようやく旦那にもその病が伝染した。

後生大事に仕舞いこんでたレコードをやっちまっても良い つぅので
部屋にぶちまいてみると あらまぁ懐かしや。

まりちゃんってこーんなに可愛かったのねぇ、、、、、、。


b0251705_6553143.jpg

[PR]

by nikuya129 | 2013-11-09 06:57

ぶっ転んだ爺様に一言。

「用もないのに フラフラするからだ。」

爺様の様子も見ずに 遠くからピシャーッ と仰ったのは はい 婆さまです。



なんとまぁ 手厳しい。ほほほほほ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-04 17:15

こういう言い方は。

嫌いだ。

「今日は まーくんと菅野の対決だな こりゃ巨人は勝てっこないねぇ」
「まだ 分かんないぢゃんっ」

「ほら 又先行された。無理だね」
「まだ 始まったばっかっ 終わってないしッ」

ロペスのエラーで 「あぁ もぅ終わりだッ」

「うるさいッ もぅ見せないからねっ」と、いきなり画面を切り替え


爺さまを追っ払うアタシ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-03 05:52

無知。

先日の県民しょーで、大阪府民の皆さんが「紅しょうが」を、とにかく愛してる話を見て、
そんなに美味しいのか?と早速「ソレ」を買いに行き、
旦那に 紅しょうがまみれの牛丼(←アタシの手作り 店の商品)を喰わせようとしたら
「オレ 紅しょうが大嫌いだから」 とケチョケチョに言われ
残ってた脂ぎろぎろ焼きそばに全部ぶちこみ一気に喰った ある日。

携帯を無くして2ヶ月も経つのに、まるで平気なアホ長男の代わりに
近所のショップに出向いたアタシは
店員に、奴が以前使ってたボロ携帯を渡し「これ 使えるようにして下さい」と頼んだ。
んで、おもむろに 奴の通帳を出し
 「紛失をお伝えしてからも、引き落としが続いているようですが、
まだ本体の清算が終わっていないんですか?
もしかして、勝手に使われてるんじゃ?」 と聞けば

「清算は済んでますがねぇ そもそも契約が破棄されない以上、
だとえご利用が無くても基本料金は掛かるんですよ」 と当たり前のことを言われ仰天。 
えーっ なんて無知。なんて勿体無いんだ。 んもー。

そして、基本料金の高さに改めて驚き (だってさ~ 契約はスマホじゃー無いんだよ うん)
アタシャずーっと ガラパゴスで良いや と思った次第。
[PR]

by nikuya129 | 2013-11-01 18:19