<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こっそり。

不景気の風が吹き荒れる昨今、薄利多売で頑張る店は多い。
一個10円のチキンボールを求める客が押し寄せ、
投げ売られた洋服に客が殺到する。
ビニールにギューギューに押し込まれた食材を手にした客がにっこり笑い
(最近ようやく値段に歯止めが掛かったようだが)、牛丼はいったい幾らになるのか?

しかし、そんな安売り祭りは我が家じゃ全くありえぬ様だ。

価格がべらぼうに高かったので、こっそり値札を(320円に)張り替えたのだが
即座に 「こんな値段で売れるわけ無いじゃねぇか」 と、婆さまは仰る。 

(スライスチーズ8枚入りを380円で売れってどういう事?)

「(仕入れ値を知ってるんで)それじゃー高すぎない?」 と言えば
「どうせ売れっこないんだから 良いんだよ」 って はぁ?

賞味期限が迫った加工食品を 「安く売っちゃおうよ」 と言えば
「安くするくらいなら うちで使えば良いじゃねぇか」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


値段や品揃えは スーパーに全く太刀打ち出来ぬが
ちょっとしたサービスやおまけは 小売ならではだと思う。
それすら拒否する婆さまのやり方は 大嫌いだから

こっそりにんまり やっちまうんだ。 ククククク
[PR]

by nikuya129 | 2013-06-29 14:06

そのとーりだ。笑

我が家に良くいらっしゃる客人を前にして
いつものように小競り合いが始まる爺さまと婆さま。
その客人は人生のベテランであり、ものすごーい苦労人でもあり、
身体に爆弾をも抱えてるお方なのだが、その彼女がこっそり爺さまに言う。

「お宅の奥さん 凄いねぇ。で、(婆さまを操る)嫁さんったら たいしたもんだねぇ」

仰るとおりだ。ワハハハハッ


今日の休みは 先ず ネットで見つけた園芸教室に行った。
個人で営む小さな花やだが ゆったり流れる時間が実に心地良い。
オーナーである若きレディと会話を楽しみながら、かねてから育ててみたかった
丸っこいオレンジのジニアと紫のニチニチ草をチョイス。
自宅では出来ぬ(だって そんなことやる暇があるなら仕事しろッて言われるんだも~ん)
花談義に興じながら寄せ植えを作る。

んーゴーヂャス♪


b0251705_1543984.jpg




さーって、これから客人を迎える準備でもしますかねぇ~。
[PR]

by nikuya129 | 2013-06-20 13:15

やかましいっ

今月末、故郷から二人 爺さまの同級生が東京見物にやってくる。
ま、我が家でおもてなしっつぅわけでは無いので、
(爺さまが居ない二日間、人手が無くなるのでしんどいってのは別として)
アタシにとっちゃー全くの他人事なのだが、迎える爺さまはかなりアワアワしている様だ。

「(奴らを)迎えに行く時間帯は 通勤ラッシュだなぁ」
「うん 物凄いんじゃないの?」
「汗、かいちまうなぁ」「だろうねぇ」
「ホント 大変だよ」(以下愚痴がずぅ~っと続く・・・・・・・)

聞かされてるアタシは段々イライラし始め、

「あのさぁ 仕事に行くわけじゃあるまいし、遊びに行く前から疲れるだの しんどいだのってナニ?
気合で行くんだよ 気合でッ」

(だったら行かなきゃ良いじゃんッ)と、口から出そうになる言葉をグイグイ飲み込む。




10日の夜は、バイクをかっ飛ばして ホタルの飛翔を見に行った。
我がシティでは、住宅街のど真ん中を流れる川にホタルを育成しており、
毎年この時期になると タダで公開して下さる。
山奥育ちの為 「ホタルなんて見飽きた」 と言う婆さまナド無視。
空中に舞う光の幻想的な世界を、一人ボーッと堪能してきた。

出かける前、仕事疲れでへたり込んでると 
「そんなに疲れてるんなら 行かなきゃいいのに」 と爺さまが余計な事を言う。


その言葉、そっくり返してやるわ ふん。
[PR]

by nikuya129 | 2013-06-12 15:14

畑の恵みのプレゼント

昨日 開けた瞬間土のにほいが広がる素敵なプレゼントが九州から届いた。
早速送り主にお礼の電話。彼女の、耳に心地がいい テンポ良き言葉を聞けば
たちどころに、とんこつラーメンの香りと(笑) すごーく居心地が良かった屋台を思い出す。

ずっしり重い玉ねぎはサラダにしていただく。
大地の恵みを存分に蓄えた味だ。 うんまーいッ
ryonさんありがとう 本当に本当にご馳走さまーッ
[PR]

by nikuya129 | 2013-06-10 14:18

一日中家に居るなんぞ。

休みの日に、一日中家に居るなんぞ真っ平ごめんだ。

「アタシ、休みは何にもしないで 好きな韓流ドラマをリアルタイムで見て過ごすの」 と仰る奥方が居るが
絶対に無理。
なぜなら、家に居れば仕事になっちまうからだ。

誰かが居れば、飯の支度。(ま、爺婆の為にはやらぬがねぇ 笑)
その片付け。いきなし風呂場の汚れが目に付き、ついでにトイレも掃除する。
そして掃除機をかけ 洗濯機をがーがーッ 翌日の仕込みもやらねばならぬ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


昨日、新潟へ米の買い付けに行った爺と旦那の留守番だったアタシは

朝8時までに、ゴミ出し、配達準備、子どもを家から追い出し 戸締り。
配達終了後 市場に仕入れ、一旦戻って、家電量販店とホームセンターに行き
買ったトマトとハーブの寄せ植えをこしらえたら 電車に飛び乗り父に会いに行く。
たらふくビールを飲みギャーギャー騒いで、眠そうになった父と別れ、
夕げの支度をしつつ、米袋を何十も積んで帰ってくる愛車待ち。

その後 30キロ近くの米袋を運ぶ手伝いを致す。ふー。


福岡で焼き鳥ってば、豚バラと鳥皮なんだー。付け合せのキャベツが美味しそう~
「ぜんたーい 止まれ」 って号令かけられて その後 「1・2・3・4・5」って言うんだ~ へぇ

とか見ながら 眠りに付いた。



いつもこんな調子だから休み明けの金曜の朝は一番疲れてる時間・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだよねぇ 笑
[PR]

by nikuya129 | 2013-06-07 06:19