<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

くそばばぁーーーーーーッ

現実逃避じゃーないけれど、
寒い中でもたくましく育つ草花に元気をもらい
春の訪れとともに花芽が出来、見事に咲き誇る姿に感動してたアタシ。

で、そーんな話をしてたら婆さまが一言。

「うちは花屋じゃねぇんだ。そんな暇があったら仕事しろ」 ってはぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・思わず絶句し

「アタシ、精一杯仕事してんだけどッ」と、思いっきり怒鳴って、

こんりんざい、浮ついた話をくそババァの前ですまいっと心に誓った。



怒りを通り越して、なんだか悲しくなっちゃった。
自分でいうのもなんだけど、それなりに頑張ってるんだけどなぁ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-03-31 21:33

アタシの大切な友達だから。

もしアタシにあなたからの愚痴や後悔の手紙が届いたら。

ごめんね。今はやるっきゃないよッ と言わせて貰うよ。

自分が選んだ道だ。

たとえそれが悪路だったとしたって 前を見据えて一歩ずつでも進むっきゃない。

寂しい?辛い? そりゃそうだ。あたりまえだよ そんなこと。

手を差し伸べたい。倒れてるあなたを抱き起してやりたい。

思いっきりねぎらいの言葉をかけてやりたいッ

でも、でもさ。そんなことしたって、なんになる?

自分の足で、自分の力で自分の人生切り開かなきゃなんねぇんだ。





そして、あなたを心配する沢山の人間がそばにいるんだ。ふんっ
[PR]

by nikuya129 | 2013-03-29 22:21

1992年生まれの悲劇。

先日何気に見てた 月曜から夜更かしつぅ番組で
「1992年生まれ」を取り上げてた。
(あれ?次男がそうじゃん?)とガッツリ見てれば 確かに確かに。
思い当たることばかりで思わず笑っちまったねぇ。

まず、消費税が3%~5%にあ~っぷ。
(しかし長男が生まれた平成元年は 出産費用にも消費税が加算されたんだよねぇ。
しかも、日曜の夜に生まれやがったんで割高だったっけねぇ)

小学時代にいきなりゆとり教育が導入され、思いっきり翻弄。
土曜日が休みになり、計算問題に電卓の使用が許され、円周率を「3」だとぶっ放す。
「ご家庭で過ごす時間を大切にして下さい」と教師は言うが
日曜日でさえ学校に行けッと思ってるだろう大多数の親が、腹の中で舌打ちをしたのは
たぶん確かだろう。

バブルはとっくに崩壊していたが、なまぬる~い環境にどっぷり浸って育った次男は
危機感や、悲壮感が皆無。「大丈夫」が奴の口癖だが、今まで大丈夫だったためしが無い。
高校時代の集大成であろう修学旅行は憧れのオーストラリアだった。
しかしその年、新型インフルエンザが大流行~♪ 
急遽旅行先に決まった屋久島で、嫌っていうほど緑と滝攻めに遭う。

不況で就職難民が増え、奴ももちろんその一人。
極めつけは、大雪の中での成人式。いろんな意味で思い出深い一日だった。


きっとこの先、良いことがたくさんあるさ~。ねぇ。
[PR]

by nikuya129 | 2013-03-27 14:06

不採用なら。

ま、返事を漠然と待ってた次男も次男なんだがねぇ。
2週間前に研修を終え、「結果はメールで」と言われたらしいが 待てど暮らせど返事が来ず
ここ何日か担当者に電話連絡するも、不在だという。
で、今日になってようやく通じたが、その返事が「不採用」

今まで待たせておいてそれ?だったらもっと早くメールくらい出来るだろうが。
そもそも結果をメールでって今はそんな軽いもんなのか?

昨日母の墓前に手を合わせ、次男の良き結果をお願いしたのだが、
神頼みは通用しなかった・・・・・な。
[PR]

by nikuya129 | 2013-03-22 19:11

どんなもんでしょ?

仕事の関係上、アタシらと爺婆の食事の時間帯は全然違う。
ま、婆さまは爺さまの分だけ作りゃ良いし、どんなもん出したって
(たとえ全く作らなくとも 笑) 文句を言わぬ爺さまなので至極楽~♪だとアタシは思う。
なにしろメニューを考えるのも、作るのもボケ防止だしね~ 

だーかーら 
彼らの食事に関しては全くノータッチだ。

たとえ、「血圧が高い」と自ら仰る婆さまが、
高カロリー・高脂肪の菓子パンをお食事代わりに召し上がってても、
「ぼりぼり喰うなー」とご自身が漬けた漬物を 爺さまにお出ししていながら
取り上げてる姿を垣間見つつ (だったら 作らなきゃいいぢゃん) と思っても
「餅の味がするねぇ」 と爺さまが言いながら、
味付け無しの焼餅を二人でムシャムシャ食べてる姿を見て仰天しても、ノータッチ。
「肉なんかいらねぇ」 と仰る婆さまが
アタシの作る「牛丼」をガッツリ喰ってるお姿を横目で見ても、ね。

ところで

婆さまの買ってくる食材には手をつけないし、もしそーしなきゃならぬとなったら 
必ず婆さまに声を掛けるようにしている。
それって 普通だし、当たり前だと思うからねぇ。
ま、実際 自分が買って来た食材を勝手に使われたら、正直困るし(はぁ?)とも思う。
家族だからって、一言ある・無しって大事だよ。うんうん。

しかし 爺さまはソレを面白く思わないらしく
「いちいち (使って良いか?と)声を掛けるなんてうちだけだ」 と言う。


そうかなぁ?
[PR]

by nikuya129 | 2013-03-09 07:25