だーかーら。

いつもの事だが、婆さまは自分が作った料理は無くなるまで食卓に出す。
正月料理に始まり、春先には「のらぼう菜、茹でただけ」が、
(今年は残念ながら貰い物のナスが無いので登場しないが ぷ笑)
夏には「チンだけ ナス」
(切って皿に並べて、レンジチン。味付けはオンリー、ざ、ショウガ醤油)が、

そして、同じ味付けで材料もこれまた同じ漬物が
無くなるまで、朝昼晩に登場する。

当然、爺さま意外誰も食べない。
「誰も食べないのか?」と爺さまはアタシに聞くが、
どんなに旨い料理だって、二日も続けば辟易するし、
そもそも味もそっけもない スポンジの様なナスを、食う気にもならない。

店の弁当は、揚げ物以外、ほぼアタシが作っている。
なんでもやっちまうと、婆さまは何もなさらないので
弁当に付ける「煮物」の何品かは、婆さまに担当して貰っている。

弁当の注文は、ほぼ決まった場所(当然食べる人間も同じ)から入るので、
出来るだけ内容を変えるように気を使う。
ただ、突然大量に注文が来たり、反対に全く入らず(はぁ?)となったりするので
用意した材料が余る事も多々ある。

今回もそうだった。
同じ煮物が続いたので、これじゃー客がいやがるだろうと当然チェンジ。
残り物は製作者(婆さま)に処理していただこうと 

「悪いけど、同じモノが続いたからソレ(今回はひじきの煮物)使わないから。
おかずで食べて貰える?」 と言えば

「同じモンばっか、喰えるわけないだろうっ」 と婆さまが叫ぶので 一言。


「だーかーら、同じモン
(客の弁当に)付けられないのッ」



[PR]

by nikuya129 | 2017-08-07 13:50