もぅ無理だな。

車のハンドルを握る老人が、起こす交通事故の悲劇が、
何度もメディアに取沙汰される昨今。
我が家の爺さまも、つぃに車の運転を断念せざる負えなくなった。
(だぶんねぇ もぅ仕方が無いよねぇ・・・)

事の起こりは 1月2日。

婆さまの妹家族が我が家を訪れ
彼らと共に、飲みつけないアルコールを、思う存分飲んだらしい爺さま。
アタシらが帰宅した頃にはろれつが回らず、胃袋からの逆流も見られる状態で
目を吊り上げた婆さまが、嫌悪の表情を浮かべつつ
ぐ―パンチをお見舞いする始末だ。苦笑。

翌日。婆さまのご友人宅に新年の挨拶に向かう為、車を使ったらしいのだが。
案の定低血糖を発症。意識が遠のく中、やっとの思いで自宅へ戻るも
駐車場に入れる事も出来なかったとか。
幸い 人身事故は起こさなかったものの、サイドミラーは激しく損傷。

こんりんざい、爺さまには車の運転は辞めて貰う事とした。

今までも 爺さまの仕事は週一度の豚の骨抜きと、配達だけだったのだが・・・・・。



コレは仕方が無いと腹をくくるしか無い。






[PR]

by nikuya129 | 2017-01-12 11:38