話が違う。

カウンターで手続きをすませた後、
膝が触れ合うくらいの狭いスペースで、患者同士が丸見えの待合室に行く。
受け付けの際に番号札を渡されて、その番号で呼ばれるシステムだが
他人に知られたくない・・・・って思うお人が殆どなんだろうに 
(こんなところで待つの?)と、先ずは仰天しちまった。

夏休みだからか、親子連れがチラホラ。
目をメンテナンスなさったのか 大きなサングラスをかけて優雅に座るレディの横で
コチコチのアタシよ。 ヒーッ

「61番の方~♪」 と呼ばれて ドクターの待つ部屋に。
そこには 見た目30~40歳位の「男」がバーンっと座って待ち構えていたわ。

「どうされたいですか?」 (ふつーの病院と違って 聞き方が違うわねぇ) 
「出来れば色々お願いしたいとは思いますが・・・・(と、自虐的に笑う)
ほほの弛みが気になるので リフトを考えています」
そして
「半永久的に効果が続くと、こちらで紹介されていましたし」 と続ければ ドクター。
「あんなもの せいぜい2~3年しか持ちませんよ」 
「は?ココのホームページにそう書いてあったんですよ。
将来の為に もっと若い頃から受けるべきだとも読みましたけど?」

「私は医者ですからねぇ、ホームページの内容まで把握出来ないんです。」
「はぁ?」
「テレビショッピングで買った品物が届いた時 話と違うってこともあるでしょ?」
(おめぇが言うか? と 段々むかついてきたアタシ)
「たるみには切るのが一番の方法ですよ」 
(メスを入れたくないって 言っただろうがッ オラーッ)

「それでもやりたいと仰るなら 施術しますが、他にも方法はありますよ。
ほうれい線が気になるのなら ヒヤルロンを注射するとか」
「髪が延びたらカットに行くでしょ? 顔も同じで定期的なメンテナンスが必要なんです。」

まるで 今まで何もしてこなかったくせに ちゃっちゃとやって貰って「綺麗」を手にするなんて
なんてずぅずぅしいんだ と言わんばかり。


ここは カウンセリングから施術、アフターケアまで同一人物が担当するらしいから
まっぴらごめんだ。



だから 2度と行かない。  ふん
[PR]

by nikuya129 | 2016-08-14 06:32