兄弟喧嘩。

朝っぱらから 弁当の注文が入り その対応に追われていると
何やら騒々しい音が聞こえてきた。

(えっ?何の音? 車のドアを力いっぱい閉めてるみたいだけど?)

それがずーーーーーーっと続き 怒鳴り声も聞こえて来たので
電話対応中だったが そのまま2階へ移動すれば

平成元年と平成5年生まれが 目を吊り上げて睨み合ってるよ、 もー。
一発触発状態だったので すぐさま割って入るが
アタシが来る前に二人を分けてくれてた風呂の扉は昇天していた。 あぁ・・・・・。
そして婆さまは 「ドアが壊れちまったじゃないっ」 と叫び
スーパーサイア人(古ッ)化した二人にどくどく油を注ぐ。 もーもーもーッ

後から聞いた話では、シャワー中の次男は 外から声を掛けた長男の言葉を無視したらしい。
同じ言葉を3回唱えたところで、長男の湯沸かし器が点火。
そして即座に、風呂の扉を蹴りあげる行動を起こし
可哀想な扉は うちそとからキックの連打を浴びて程なく息絶えた・・・・・。 


「お前の言い方が悪かったんじゃないの?」 とその場に居なかったアタシは長男を攻めたが
今回は喧嘩両成敗。


扉の修理費はもちろん 彼らの金から支払う事にする。



その後爺さまが 「喧嘩が出来るだけ良いよ」 とか お気楽な事を口にするので
「もぅ勘弁して欲しいよ」


これが アタシの心からの願いだ。
[PR]

by nikuya129 | 2016-08-06 08:45