役員。

子どもが学校、つぅくくりに縛られている時、必ず体験する、それは「役員決め」

んま、みんながみんな それを担うわけじゃーないけれど、

入学式が終了するや否や体育館の扉が閉められ、決まるまで帰れませんわよ的な
重苦しい時間を過ごした経験を持つお方は物凄く居るはず。
ま、やったらやったで、面白いんだけどねー、役員って。(個人的な意見だけどさー。)


我が子がそれらを卒業して、もぅ役員とやらのお役が回ってこないな やれやれと思いきや
今度は地域、自治体、消防、交通安全協会とやらが襲い掛かってくる。
キライじゃないのよ決して。 だけど、日中店を空けられないアタシには絶対に無理。
安請け合いしちまったところで、ご迷惑おかけするだけだろうしさ。
何度も勧誘いただいたけど、全てお断りさせて貰ったわ。


だけど、旦那が捕まっちまったのよ。

グチャグチャ文句を言う割には 外面が良いからねぇ。
向うも「絶対断れないメンツ」を揃えて、外堀を埋める作戦で来たからどうしようもないのも分かる。


役員を担うのはいいさ。さ~て、そのバトンを誰に渡す?



学校での役員決めとは違う、もーーーーーーーーっとしちめんどくさい なんやかんやがあるだろうよ。





ま、そんな事より 我が家の爺婆があの世に逝っちまったら



役員云々 ナドと言ってられないけどさ。
[PR]

by nikuya129 | 2016-03-31 16:13