大晦日。

実は去年の暮、体調を崩して今にも死にそうだったお婆。
しかーし、ゾンビのごとく復活し、無事に新年を迎えられそうだ。

自分よりうーんと若くしてあの世に逝っちまった、そんな人物の葬儀に何度も参列している爺さまも
まだまだあの世からお呼びがかからない。

誰にせよ、一人欠ければ 残された人間の負担が増える自営業。
そんな危なっかしい綱渡りを 今年もなんとか乗り切れそうだ。

「お前たちの店なんだから、どうなっても良い」 と 爺婆は良く口にする。

文字にすると、ものすんごく暖かな言葉に思えるが、
実はそうじゃない。

「アタシらが居なかったら どんなに大変か」 つぅ意味合いなのである。


確かに。



でも、先の事は誰にも分からないし、なるようにしかならない。
今までもそうだったように、どんどん変えていけばいいだけの事。



大型スーパーがじゃんじゃん立ち並ぶ中、小さな肉屋が今でも店を開ける幸せをかみしめる。




ご来店、誠にありがとうございました。
来年も どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by nikuya129 | 2015-12-31 05:55