外人さんと刺青。

紅葉を愛でに行ったついでに 温泉に立ち寄った時の話。

脱衣所には外人さん。お二人とも あれ? 迫力満点のボディにちっさいビキニを着用しておいでだ。
そのまま浴場インされたが、アタシのつたない英語力じゃあ説明デキないしなぁ・・・・
ま、仕方無いか、と思いその後に続く。

一通り体を洗って露天風呂に近づけば 先ほどの外人さん。
生まれた時のお姿になり まったりと「湯」を堪能されている。
「何処から来なすった?」ぐらい、フレンドリーに言葉かけすりゃあ良いのだが
湯船に沈むと、目を閉じるアタシ。  苦笑。

日本には今、外国からの客人が大勢おいでらしい。
温泉大国日本に来たのなら 当然楽しみたいはずだ。
しかし良く目にする 「刺青お断り」の言葉に困惑するお人は多いだろうし
「なんで?」とお思いになるだろう。

まぁ アタシが目にした二人うち、一人の太ももには鮮やかな花が咲いてたけど
それをとがめられることは無かったし、
周りの客が騒ぐことも無くて、別にど~でも良いじゃんって感じだったなぁ。


刺青にあまりいい印象を持たない そんな風潮が根強いけれど



もー良いんじゃない?
[PR]

by nikuya129 | 2015-10-21 13:29