到底コメント出来る話じゃないので ここでぶちまけ。

生き死には隣り合わせだとか、死は違うドアを開けるくらい気楽な事だとか、聞くけどさ。
実際死に直面した人にいわせりゃ死は「恐怖」そのものなんだよ。
アタシはパーフェクトに「癌系統」だから、とてもじゃないが他人事じゃない。
何について誰について語ってるかは分かるよね。 あえて書かないケドさ。

人間いつかは迎える終焉。
それが 唐突に訪れるか、静かに幕を下ろせるのかは誰にも分からないし
どんなに世を呪ったって、誰かを恨めしく思ったって 来るときゃ来る。

アタシの母が死んじまう間際に言ったさ。

「自分の何が悪くてこうなっちゃったの」 って。

アタシは母にそっくりなんだって。そう言われるたびに 母の病を思い出すんだよ。
未来の医学を信じながらも、もしそうなっちまったら・・・・と、突きつけられたら 
ただただ絶叫するしかなくて。



だからさ。




明日やろうはバカ野郎なんだよ。
[PR]

by nikuya129 | 2015-09-24 16:46