全然違う話じゃんっ

配達から帰ってきたアタシにいきなり婆さま。

「N保育園から電話があったんだけどさー 伝票が一枚しか入って無かったっていうだけどさー」
「えぇーーーッ それぞれ渡してきたよ。だけどそこっていつも一枚しか渡さないよねぇ」
「そーなんだけどさぁ 足りないっていうんだよ。あたしゃ知らないケド」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

実は配達先で伝票を取り違えて渡してきたアタシ。
しかし途中で気が付き、事なきを得る。よって 納品先と伝票は間違いなく合っていたので
婆さまが入れ忘れたか? それとも アタシが落としたか?

その後 目を吊り上げた旦那が登場。
N保育園へ電話するも 「そちらに(電話を)していませんよ」 

「へ?」

「2枚渡すのって S保育園じゃない? そこにかけてみたら?」 とアタシ。
すると 少し予感はしたのだが
「あっ 取り替えて貰いましたから大丈夫です」
な~んだぁ。と言葉を漏らすアタシに 更に目を吊り上げる旦那。

結局 「S保育園」の栄養士からの電話を 「N保育園」 と勘違いし、
「伝票が違う」って内容を 「伝票が一枚足りない」 と解釈しちまったのは婆さまで




「お前がそう言わないのが悪い」 と言われても 目を白黒させるばかり。




全然違う話なんじゃない? もー。
[PR]

by nikuya129 | 2015-07-07 10:32