ゆったり流れる時間。

配達の途中で信号待ちしていると ご老人とコーギーの二人連れ?が目に入った。

コーギーは長い舌をベローッと出し、びったりへたりこんでいる。

ご老人はとっとと行きたいご様子でリードを引くが、ガッツリ拒否するコーギー。

逞しい体系のコーギーに比べ ご老人はすっかすかのヘチマの様で

あれを地面から引きはがすのは無理なんじゃないか? 勝手に想像して笑うアタシ。



とうとうご老人も腰を下ろした。





彼らの周りだけ ゆっくり時が流れている。
[PR]

by nikuya129 | 2015-04-26 06:53