あの頃の自分と置き換えれば。

誰かに干渉されたくない。助言なんか耳に入らなくて思いっきり突っ走ってて
結局痛い目に遭って 「だから言ったじゃない」な~んて言われちゃって

ただただむかつくだけだったあの頃。

でも 親となった今、自分の親がいなくなっちまった今、
彼らの辛抱強さ、「見守るって事」がどんなに大変だったのかを痛感してる今

「親が子どもに干渉しすぎ」の親特集っつぅ番組を見ると なんだか笑っちゃうんだよなぁ。

まぁアタシが子どもに「ライン」だの「フェイスブック」だの 申請したところで
拒否されるだろうし そもそもそんつらしようとも思わない。





兎に角 絶対絶命の時 「親だったら俺のみかただ」 




そう信じて疑わないでいて欲しい。  ま、 それだけだ。
[PR]

by nikuya129 | 2015-03-05 12:55