婆さまネタ。

ここ2週間の間に そりゃまぁ色んな事があったが 全てすっ飛ばして 先ずは婆さまネタから。


アタシがバタバタし出すうーんと前から 
帯状疱疹が再発し足の痛みを全身で表現する婆さま。
よって何度も「病院行けば?」と声を掛けるが いつも無言。
ま、歯医者だ、眼科だ、内科だ、整体だ、にゃ規則正しくお出かけになるので
病院に行けない理由は見当たらない。

3日の早朝父が永眠し、葬儀屋に父を運んで貰って段取りを組んだ後一旦帰宅。
猛烈に仕事をこなして一息付いていると なにやら店が騒がしい。
斎場の場所がどうの、行く方法がどうのこーの、
足が痛いだの連れて行けだのギャーギャー騒いでいる様だ。

だから一発ぶっ放す。

「あのさぁ、今朝死んだばっかりなんだよ。これから段取り組むんだよ。
(通夜まで4日あるので) 先の事を「今」言われたって 分らないんだよ。」


通夜当日の朝 7日・8日と店を休業するので 
その二日分の配達準備を旦那とアタシでしている所に 「病院に連れて行け」と言わんばかりに
一人身支度を整えた婆さまが顔を出す。
車内で婆さまは旦那に、「(先週、アタシが)居なかったから行けなかった」と言ったらしいが
ちゃんちゃらおかしい話だ。

そして昨日。

爺さまに向かって 
「(足が痛くて飯の支度が出来ないから)自分で喰う物を何か買って来い」 と言ったらしい。
いつもほっとんどやらないのによく言うよ と思ったのだが
仕事を終えたアタシが、夕食の支度を整えた頃に涼しい顔で食卓に付き
爺さまと二人でバクバク食って、さっさとお部屋に引き上げるその図太さには今更ながら感服した。


「足が痛いからお願いできる?」って言葉の方が、よほど可愛らしいのに・・・・・・。



いつか来るであろう婆さまの葬儀の際は、
誠に段取り良く、滞る事も全く無く ことが運ぶのは 間違いなしだな。 ぷ笑
[PR]

by nikuya129 | 2014-10-11 06:59