絶対に当りたくないタイプ。

単独事故はともかく、事故を起こしてその責務を担う割合はそれぞれ。
我が長男の場合など、相手の車のスピードや立地条件、破損の度合い云々は考慮されず
一時停止違反を前面に押し出され、かなりもやもやさせられた。
(桜田門だって、こりゃー五分五分だなぁって言ってたみたいだし
警察から呼び出され違反切符を切られたのは むしろ相手側だったんだよねぇ)

まぁ懐を痛めるのは保険会社だから良いんだけどさ。

で、客人としばし立ち話をした時のこと。

「怪我の具合はどぉ?もぅ大丈夫なの?」とアタシ。
(バイクに乗ってた客人は車との接触事故を起こし、アタシはま紫に腫上がった患部を見せられた)

「アルバイトだよ アルバイト」 と客人。
「へ? アルバイト?」
「一度病院に行けば、4千円入るんだよ」
「えーッ だめだよ お医者さん、だましちゃっ」

「それにしても よく事故に遭うねぇ」
(てか、かなり無茶な運転をするんだよねぇ このお人は)
「ま、オレの場合 全部10・0 だから」
「えーーーーッ そんなことってあり?」

保険屋を威嚇する場面を瞬時に想像・・・・・・・・・・・。


満面の笑みをたたえながら、恐ろしい話をする客人を前に
(絶対に当りたくないタイプだな。)と思うアタシだった。
[PR]

by nikuya129 | 2013-04-13 06:47