卒業式の案内状。

進路が今だ決まってないのに、次男の通う学校から卒業式の案内状が もー届いた。

アホ長男もそうだが、ケツに火を点けても全く動じない奴。
先日の成人式に着てったスーツは 大雪のせーでグッチョグチョになっちまった。
「大急ぎでクリーニングに出すけど(大丈夫?)」 と奴に声を掛ければ
「ぜーんぜん平気」 っておぃおぃ。

「オレが(今の状況を)一番分かってるんだよ」 つぅ次男の言葉を信じ
喉まででかかる言葉を必死に飲み込んでいるが、
就職活動に専念するとか、悩んで、悶えて(?)、苦しむ姿を見る事無く
淡々と、しかし着実に時は過ぎていく。 キィーーーーーーーーーーーーーー。


親孝行って、親を心配掛けないって事もそーなんだよなぁ・・・とつくづく思う今日この頃。
[PR]

by nikuya129 | 2013-01-19 23:02