園芸教室

先日、とある園芸教室に参加した。
半年に一度 しかも木曜日に開催して下さるので、既に3回目。
最初に受講したハーブの寄せ植えは既に昇天させちまったが
2度目のシクラメンは無事に夏を越し、青々とした葉が力強くて実に頼もしい。

講師は、スレンダーでミステリアスな雰囲気が漂う女性。
モノクロの服装が実にお似合いだ。話し方も一種独特で、静まり返った教室に彼女の声が響く。
んで、彼女の質問 「ガーデニング歴1年未満の方」 に、つぃ手を挙げてしまうアタシ。

だってさぁ~ダリアは散々枯らしちまったし、それでも生き残った奴は花をつけないし
ラナンキュラスとアネモネは腐っちまうし、ペチュニアも一本ダメにしたから
経験者だッ なんて手を挙げられないよぉ。

今回は、特別硬めに(っていつも材料は特注品らしいんだよねぇ)
焼いていただいたっつぅ素焼きの鉢に(やったーッ)
これまた 一鉢800円はするっつぅ (ホームセンターで安売りしてるのとどー違うんだろう?)ビオラ3種と
大好きなパープルのアリッサム(春になると真っ黒けの芋虫がわんさか付くけど 笑)
それと、正直苦手の葉牡丹が2株も・・・・・・・・・・。

「トウが立つ姿がとっても可愛いですから大事に育てて下さいね」 と先生は仰るが
それが苦手なんだよなぁ。
ま、それ以外にチューリップとムスカリの球根を11個も植えたから 
背の高いそれらとバランスが取れてビューティかも。
今まであえて手を出さなかった「葉牡丹」。この機会に愛でてやるのも良いかもね。  うんうん。

それと、花の終わった球根は掘りあげずにそのまんま、しかも雨ざらしでも良いそうで
必ずや(掘り上げて乾燥)させなきゃッ て思ってたアタシは目からウロコだった。へぇ。



寒い暑いと文句を言わず、置かれた環境になじみ、綺麗な花を咲かせては静かに枯れていく植物ら。
人間とは大違いだな。


b0251705_1349565.jpg

[PR]

by nikuya129 | 2012-11-24 07:52